雪豹日記のバックナンバーはこちら

雪豹訪問日記<2月>

今回は3日分を掲載しています。
今月は、PENTAXのK-5IIs、FA80-320mm、DA18-55mmIIレンズを利用しております。
写真をクリックすると、大きくなります。




2月3日(日)晴 名古屋市東山動植物園にて
4年4か月ぶりの訪問
たった3時間の滞在


日曜日、この日は珍しくお休みでしたので、車に乗ってどっかに行こうと移動。
いい天気で新東名高速を西に走り、↓浜松SAの直線ですが、
ずっとなだらかな下り道の先にはトンネルが待っていて、その山には風力発電が。
とってもきれいな風景でしたので、とっさに撮影してみました。

今回向かったところは名古屋、東山動植物園。
てっぺんが尖ったタワー、スカイタワーの存在がとても目立つ大きな公園です。
東名名古屋ICから10分程度とアクセスも楽なんですよね。

到着がお昼近くになってしまったので、駐車場はどこも満車。
どこかに無いかと探していると、スカイタワー麓の駐車場に停めることができました。
最初に向かったのはそのスカイタワーへ。
約100mの高さから見る名古屋市街、付近に高い建物が無いので、遠くまで見通せました。

↑左は北方面、平和公園や春日井方面です。
↑右は西方面、名駅、栄方面です。
↓左は東方面、名古屋IC、旧愛知万博方面です。

南方面は露出を失敗して真っ黒に・・・。ボツでございます・・・
下を見ると、動物園の様子も。
↑左のように、ライオン舎を見るための行列が・・・。
さすが、日曜日ですよね・・・

園内へ入り、最初に向かったのはユキヒョウ舎。
スカイタワー門からだと長い階段を下りて行くと最短で到着です。

以前のユキヒョウ舎は赤い色の格子で撮影が大変難しく、
晴れている日は撮影を半ば諦めざるを得ない状況になるのですが、
仮移転先(だと信じていますが)のこの場所は格子が銀色。まだマシです。

↑↓は王子からやってきたミュウです。

到着したこの時間、ミュウだけが活発に動いていました。
久しぶりに会うミュウ。
何となく丸っこい体つきと顔がかわいいユキヒョウなんですよね。

ミュウがお嫁さんとしての相手はユキチ。↓です。
最初寝ていたユキチでしたが、レンズを向けていた気配に気づいたのか、
こちらを見つめてくれました。

何しろ、2010年の多摩で子猫だったころのユキチ以来ですから、
立派なオスになってくれて嬉しかったですよ。ただ、眠そうな顔だったのは
やっぱりユキチだなぁ(笑)

↓は2010年2月に撮影したユキチです。

顔つき、あまり変わっていないでしょ♪
目じりが少し下がり気味の顔つきがかわいいです。
母親はユキ。この年6月に亡くなってしまいました・・・。


ユキチの隣には、ユキチのお兄さん、コハクです。
ポカポカの日差しでぐっすり寝ておりました。

この子もユキの子。2008年に3つ子のうちの1頭として生まれ、
その後東山にやってきました。

ユキチとコハクの母親はどちらもユキですが、ユキチの父親はヴァルデマール。
コハクの父親はシンギズ。ミュウの父親はシンギズなので血縁関係にあたります。
人間だととんでもない関係になりますが、少ない種をいかに増やすか
難しい組み合わせで増やさないといけないほど、貴重な動物なんですよね・・・。


コハクは本当に動いてくれなくて、時々頭を上げて辺りを見るくらい。
一瞬動いてくれたのですが、また寝てしまったのでした。

この場所は、きしめん屋のすぐ横だけあって鰹だしの良い香りが漂い、
恐ろしくお腹が減る誘惑ゾーンでもありました。
その誘惑に負けまいと、別の場所に移動。並びにいたのは
ツシマヤマネコやハイエナなどですが、なかなか上手く撮れません・・・。

マヌルネコ舎では、最初どこにいるのか分からなかったのですが、
ふと下を見ると、フワフワのダルマさんみたいな恰好のマヌルネコが
背中を向けて日向ぼっこ中でした(笑) めっちゃカワイイ姿で笑ってしまいましたよ。

↑中、右はヤブイヌです。3頭が並んで同じルートを走っていました。
ここは北園ですが、この運動場、とっても広いんですよね。オオカミ舎も広かったなぁ。
ネコ科動物舎がこのように広かったら本当に良い動物園になるのになぁ・・・。
ちょっと愚痴っぽくなりますが、ネコ科動物舎って、東山は以前から狭いのですよ。
もうちょっと何とかならないのかなぁ。ゾウ舎の改修工事で巨大な施設になるのは良いけれど、
他の動物にしわ寄せがきている気がしてなりません。

↓はプレーリードッグ。ご飯の草をもしゃもしゃ食べていた時、
一瞬こちらを見たのを待っていました。見られた!感があって好きなんですよね。
↓中はカバ。ず〜〜〜っとプールの縁で寝ていたのですが、
飼育係さんが持ってきた青草を待っていたのか、すぐに起きだしてモシャモシャ・・・。

園内を一周して、最後に向かったのがトラ、ライオン。
↑右と↓左、スマトラトラのカリさん。
いつも見ているアムールトラと比べ半分くらいの大きさの小型のトラです。
でも、模様と目力は十分迫力があります。

↑中、右はライオン。
相変わらずガラスのあるモートの先へ行ける橋は大渋滞中。
さすがに並ぶ気も起きなかったのでその場で撮影しました。
おかげで親子が日向ぼっこしているシーンが撮れましたし、
父親サンくんのカッコイイ姿も。
東山のライオン、サンのカッコよさはちょっと特別なんですよね。

↓はソマリノロバ。気持ちよさそうに寝ていました。
この日はとても暖かく、動物たちにとっても過ごしやすい日だったかも。
もう一度ユキヒョウを見てみましたが、ミュウ、ユキチは高いところで寝ていて、
コハクだけ尻尾を枕にしていたのを写しておしまい。


ユキヒョウ舎付近で常に漂うお出汁の良い香りに結局負けてしまい、
きしめんを頂いてしまいました。
大変シンプルな構成、鰹節の追いがけで良い香りに拍車がかかり、
美味しく頂くことができました。今日はこれでおしまい。
15時、帰宅のため再び新東名を東へ。
トンネルの写真を撮るのも好きなので、写してしまいました。
最後に寄った駿河湾沼津SAからの夕景です。
駿河湾、沼津などが一望できる絶景ポイントですよ。
自分としては、この場所も良いけれど、東名富士川SAから見る
富士山と富士川の風景の方が好きだなぁ・・・。





TOPへ

雪豹日記のバックナンバーはこちらへ

Written by G-Z