雪豹日記のバックナンバーはこちら

雪豹訪問日記<3月>

今回は4、5日合併号を掲載しています。
今月は、PENTAXのK-5IIs、HD560mm、FA80-320mmレンズを利用しております。
写真をクリックすると、大きくなります。




3月4日(月)晴 東京都多摩動物公園にて
スカイ、いしかわ動物園へ
ところがこの日は・・・

東京都広報に、ユキヒョウのスカイがいしかわ動物園へ移動する知らせが出ました。
移動日が8日なので、仕事が休みになるこの月曜と火曜しか会える機会がなかったので、
早速行ってきました。

ユキヒョウ舎に到着したのですが・・・あれ?

そこにいたのはミルチャ。
Facebook情報によると、午前中ですでに交代してしまったらしい。
この日は会えなかったので、翌火曜日も多摩へ行くことが決まってしまいました。

↑のミルチャですが、先日怪我をしたそうです。
公式発表は無いのですが、ネットで調べてみると結構すごい事が起きたらしい。
その情報が正しければ、死んでいたかもしれない事でした・・・。

額に傷痕が残っていて、その部分だけ毛が薄くなっているのが分かります。
少し黄色くなっているので、消毒液の跡なのかなと思ってしまったり・・・。

↓左はヴァルデマール。大きな姿になり、風格も漂ってきました。


↑右のミルチャと比べても、顔つきも姿もオスのほうが大きいのですよね。
怪我の影響で元気が無いのかと思っていたミルチャですが、
ふと立ち上がり、天井の金網に手をかけて、裏の運動場を見つめる様子が見られました。

その後少し動いてはフレーメン。時々鳴いてオスを呼んでいるような鳴き方でしたよ。
発情が来ているようにも思えるのですが、さて、どうなのでしょう。

↓再び岩の台の上で休憩したミルチャ。
毛づくろいで背中をなめている時、手がフワフワと動いてしまうのですよね。
まるで父親、シンギズの毛づくろいと同じ仕草でしたので、ちょっと笑ってしまいました。

↑右は、ユキヒョウ舎の上にある木で見つけたハチの巣の跡。
実は、この場所で2回ほどフクロウの鳴き声を聞いたのです。
どこかにフクロウがいるのかと、探しているうちに、ハチの巣を見つけてしまったのでした・・・
結局フクロウは見つからず・・・

小運動場のヴァルデマールの様子を見に行くと、木の台の上でひっくり返っていたのでした。
お腹を出して、気持ちよさそうにしていたその姿は、人が寝ているようなそんな感じ(笑)

飛び出た木の棒に爪をかけても、ひっくり返ったままのものぐさなヴァルでした。
そんな様子を見られたのが気になったのか、起きてこちらを見てくれたのです。

小運動場の中では、スカイが旅立つ張り紙が。

ホント、元気でいてほしいです!!

↓ミルチャです。

何とも暇そうな顔つきを見せてくれるこの表情、好きなんですよ。
そこに、小さなお子さんがやってきて、その子の動きに合わせて
目線が動いて行き・・・


あくびをしてくれました♪
起きたかな?
↓あ、ひっくり返ってる(笑)


いよいよ本格的に起きてくれて、突如始まったのが
吊るされている麻袋にしがみついて遊んでいたシーンです。
大けがをした影響を考えましたが、このように遊んでくれたのは
良かったですよ。

一旦、チーター舎へ向けて移動開始。
途中、トラ舎でレンズを向けてみました。

みんなシズカだと思ったのですが、違ったかな?
ぱっと見ただけだと、いまいち分からなくなってきました。

チーターです。4頭が和歌山へ移動するのですが、
キングチーターのナデシコ(↓右)は、多摩に残ります。

この子たちはいつも木に登り、ライオン舎方向を見ていることが多く、
今日はナデシコも木に登って様子を見ている姿もありました。
実は、この子が登る姿を見るのは初めてでした。

ユキヒョウ舎へ戻る途中、猛禽舎を通るのですが、
そこで久しぶりにレンズを向けてみると、ポーズを決めてくれた子が。
猛禽も大好きなんですよね。多分、イヌワシだと思うのですが、
横向きのカッコよさに比べ、正面は頭が丸い姿が目立ち、ちょっとかわいい顔に。

最後はミルチャの手をアップでどうぞ。
ネコの手でもモコモコした気持ちよさそうな手をしています。
元気になって良かったですよ。


3月5日(火)晴 東京都多摩動物公園にて
スカイ、いしかわ動物園へ
ようやく会えた3兄弟

月曜日は、3兄弟に会えず、この日も多摩へ行くことにしました。
もっと早く行こうと決めていたのに、結局昨日と同じ時間になってしまいました・・・。

↑左はミミです。小運動場でのんびりしておりました。
↑中、右は大運動場の子どもたち。
正面を向いているのがアサヒ、その右はスカイです。
↑右では一番左の背中だけ向けているのがエナ。真ん中はアサヒ、右はスカイ。

↓はアサヒとスカイ。ラブラブに見えますよね♪

↓はミミ。
ムスッとした顔を見せたと思ったら、大きくあくびして、見てたの?と
かわいい顔でこちらを見ていたのですよ。いつもツンツンした顔つきのミミですが、
時々かわいい姿を見せてくれるのでおもしろいです。


↑エナが顔を見せてくれました。スカイのお腹を枕にして、寝ていたのですが、
ひょいと眠そうに顔をあげてくれたのです。

↑右向きのアサヒに左向きのスカイ、右側2枚はエナです。
まだちょっと眠そうかな?

3頭一緒に並んで欲しいと思いながら、ずっと待っていたのですが、
顔の向きはバラバラですけど、3頭一緒の写真が撮れました。
左からアサヒ、スカイ、エナです。


アサヒがあくびする。そしたら、スカイもあくび。
そして、見ていた自分もあくび・・・。あくびは移るんですよね(笑)

こちらを見るエナですが、アサヒが伸び〜!


いよいよ遊び始める3兄弟。
スカイが爪とぎしているとその木にジャンプしたアサヒ。
マネして降りてきたエナですが、ジャンプはしなかったです。


奥からやってくるのはスカイ。
手前にアサヒがいたので、追いかけてきたようです。

そのうち、アサヒの上に乗っかってしまい、首を噛んでいたのですが、
どうも交尾の練習でもやっているような感じに思いましたよ。
アサヒも嫌がる事がなかったので、お互い大好きなのかな?と思ってしまったのでした。

いよいよ遊びの時間。
右の子(多分スカイ)がゴロンと転がりながら
アサヒにちょっかいを出しています。

アサヒは無視しながら進んだため、
滑り落ちそうになったので真剣な顔で落ちないように踏ん張るのでした。

ジャンプした瞬間、長い尻尾がピーンと真っ直ぐに。
身体の長さに近い尻尾の長さがユキヒョウの特徴でもあります。

追いかけっこも始めたのですが、この日の自分は用事があるので最後までいられず。
帰りがけに通ったオオカミ舎は、展示中止のお知らせが。
もうすぐ新しい展示施設ができるのですが、その準備なのかな?

最後に、格子を噛んで引っ張っていたウォンバットのチューバッカ。
思いきり手を踏ん張って、力任せに格子を引っ張り、
格子を壊そうとしていたのでしょうか? 
格子から外れるたびにバーンと重い音が聞こえてきました。
実際には視線の先に飼育係さんがいたのですが、
その人が気になってしょうがなかったのかもしれませんね。

自分が帰った後、3兄弟でジャンプジャンプ!
はぁ、見たかったですよ・・・。






TOPへ

雪豹日記のバックナンバーはこちらへ

Written by G-Z