雪豹日記のバックナンバーはこちら

雪豹訪問日記<11月>

今回は26日号を掲載しています。
今月は、PENTAXのK-3、DA☆300mm、FA80-320mmレンズを利用しております。
写真をクリックすると、大きくなります。



11月26日(火)晴 東京都多摩動物公園にて
紅葉に彩られた多摩
シンギズ、エナ、アサヒが登場

秋が深くなり、多摩動物公園内の木々も色付いてきました。
ところが出かける前日から、大荒れの天気に。暴風に大雨と
せっかくの紅葉を落とされるかと心配になってしまいました。

多摩に到着してみると、毎年撮影しているソデグロヅル舎横のモミジの木は真っ赤になっておりました。
ユキヒョウ舎へ向かう途中の道は、昨晩の暴風で落ちた葉で通路は葉っぱだらけに。
それでも、まだあちこちできれいな光景を見ることができました。

少し戻ります。
コツメカワウソの家族は、みんな集まって寝ていましたが、
一頭だけ手を挙げていて、プニプニした肉球がかわいいです。
↑中の撮影場所すぐ横にあるシフゾウ広場休憩所には、先客の姿が・・・

↑中、誰かいますよね。そう、クジャクさんが休憩中でしたので、そのままモウコノウマ舎へ。
その後、ユキヒョウ舎へ向かい、ちょうどシンギズがほっぺたをスリスリしている姿が。


キリッとした精悍な顔つきのシンギズ。流し目も睨みも利かせてくれました。
そのシンギズの足をアップで撮ってみたのでアップ。

触ってみたい!!

小運動場では、今日もアサヒとエナの姿が。
この時はうろうろしていただけですが、後になって・・・・


今日のシンギズはいつになくカッコいい姿を見せてくれました。
↑左なんて、手を手前にして、伏せ姿勢で一点を見つめていました。
この姿がかっこよくて、何度もシャッターを切ってしまいました。

そのうちにいつもの姿勢に戻ったのですが、どちらを向いてもカッコいいですね。

大運動場では、エナとアサヒがゆったり過ごしていました。
↑右なんて、近所のネコみたいな感じになっていますよね(笑)

↓は、金網にゴシゴシの様子ですが、実はお客さんが持っている
キツネみたいな尻尾のぬいぐるみを振って、釣っていた方がおりました。

それが気になってしょうがないエナ。
ヒゲがピンピンになっていて、かわいい!

何気なく写したコケ。丸く固まってきれいな緑が目を引きました。
大運動場すぐ横の岩場にあります。


帰りがけに、猛禽舎のイヌワシ、シロフクロウのオスの写真が撮れました。
猛禽も大好きな自分。カッコいい姿だけど鳴き声はかわいくて、一度でいいから
モフモフしてみたいのですよね。







TOPへ

雪豹日記のバックナンバーはこちらへ

Written by G-Z