雪豹日記のバックナンバーはこちら

雪豹訪問日記<12月>

今回は17日、28日号を掲載しています。
今月は、PENTAXのK-3、DA☆200mm、FA80-320mmレンズを利用しております。
写真をクリックすると、大きくなります。






12月28日(土)晴 東京都多摩動物公園にて
本年最終日の多摩
シンギズ、エナ、アサヒが登場

毎年、多摩の年内最終日は仕事と重なっていて
お邪魔することができませんでした。
今年は初めて、最終日の多摩へ出かけてきました。

先月は真っ赤に紅葉していたモミジやほかの木々は、すっかり落葉し冬ごもり。
日差しはあるものの、ほんのり暖かく感じるだけ。

ユキヒョウ舎へ向かう途中、ウサギなどがいる建物の中に、
いつも寝ていて出会う機会が滅多にない子がおりました。
イタチです。

この日はなんと珍しいことか、起きてその姿を見せてくれたのです。
小さな姿に、小さな目、茶色と白の毛色がかわいらしいですよね。
↑中はニホンカモシカ。日差しを浴びて気持ちよさそう。
逆光だったので毛が白く輝いていました。
↑右はシフゾウのメス。完全熟睡のようで、息遣いだけでぐっすり眠っていました。
こんな姿も、あまり見かけませんでしたので、少し驚いた自分です。

ユキヒョウ舎に到着。
最終日だけあって、それなりに混雑しておりました。
小運動場は今日はシンギズ。すでにほっぺが茶色くなっていました。
地面にスリスリしていたようですね。


谷間の底にあるユキヒョウ舎は、本当に寒い所で
バリバリに凍った地面は日中でも霜柱が消えず、ご覧のとおり。
それでもユキヒョウは全く気にすることなく余裕の表情で歩いているのですよね。

人間だけが寒さに震えるような気温でした。
大運動場では、エナとアサヒの姉妹の姿が。

↑中、右はアサヒです。
ちょうど視線をもらったので、喜んで写していました。
でも、顔を下に向けて目線だけこちらにもらうと、
いかにも睨んでいるような顔つきになるのは、どういうことでしょう・・・
なにか気に障ったでしょうか???

寒さが堪えたので、温まりにトラ舎へ移動。
そこで見かけたのが、アイの右手の怪我。
友人のOさんが教えてくれたのです。

出血はなかったものの、左手と比べ右手は腫れて膨らんで痛々しい傷も目立つ状態。
でも、歩く姿は全く普通で、痛がる仕草も見られませんでした。
いつも母親とケンカしたりと、負けん気のアイですが、この日はおとなしく、
母親のシズカもやさしく接しておりました。長年一緒でもやっぱり親子なんですね。

↑右は、ウォンバットのチューバッカです。
超長生きのこの子ですが、暖かそうなワラの中で寝ている・・・・
と思ったのですが、ワラはどかしていますね・・・。

↓は、時々登場のオーストラリアガマグチヨタカです。

この日のコアラ舎、夜行性動物の部屋は明け方を思わせるのか、
少し明るくなっておりました。ただ、白熱灯のような明かりだったので
色合いがどうもおかしくなりました。
でも、ヨタカさんの視線をゲットです。


再びユキヒョウ舎。16時頃になってシンギズはもう帰りたいモードに。
↑左と中は、シンギズとエナ(多分)の全身を写してみました。
尻尾、太くて長くて、暖かそう・・・。多くのお客さんが尻尾をマフラーにしたいと
正直微妙な言葉をよく言うのを聞くたび、がっかりするのですが、
ユキヒョウはこの尻尾を実際にマフラーではなく、枕にして保温しながら眠ったりします。
バランスをとるためにも必要で、太くて長い尻尾。ユキヒョウの特長でもあるのですよね。

↓は立木で爪とぎ。いよいよ遊び始めるようです。


エナもアサヒもいい顔を見せてくれます。
そして、ジャンプ!

↑左、あれ? 降下中なのに下に誰か写っています。
↑中、衝突してしまいました。
↑右、一緒になって落ちてしまったのでした。
一瞬の出来事でしたが、今日も凄まじい追いかけっこなどは見られず、
落ち着いた一日でした。

最後は一緒になって帰宅。
一年お疲れ様でした!
2014年もよろしくね!!


12月17日(火)晴 東京都多摩動物公園にて
紅葉に彩られた多摩
ミルチャ、エナ、アサヒが登 場

ひと月であっという間に冬。
気温もかなり低く、年の瀬も迫った中でしたが、多摩へ出かけてきました。

ユキヒョウ舎の大運動場には、今日もエナとアサヒの姿が。
岩の上でゆったりのんびりしている姿が。
時々、二人の視線が一点を見ることに気づきました。
その先にいたのは・・・。ヤマバト。

ガサゴソ音を立てて餌を探していたようで、ユキヒョウが見ているなんて全く気が付かない様子。
しばらくの間、ハトを見続けていたのでした。


小運動場のミルチャも、何かを見つけて格子に手をついて立ち上がり、
じーっと見つめる様子がしばらく続いていたのですけど、
視線の先は、おそらくシフゾウではないかと思います。

夕方、閉園時間が近づいてきました。
ようやくユキヒョウ姉妹があくびをはじめ、遊び始めるような
仕草を見せ始めました。

自分のいる位置から一番遠くの場所で追いかけっこを始めた姉妹。
写ったものを見てもこの程度の大きさになってしまいましたけど、
まぁ、いいでしょう。

京王多摩動物公園駅の駅舎が新しくなって、
かわいい色合いの駅舎になりました。
昔走っていた京王の電車なども展示されていて、
結構賑わっているようです。







TOPへ

雪豹日記のバックナンバーはこちらへ

Written by G-Z