雪豹日記のバックナンバーはこちら

雪豹訪問日記<2月>

今回は10日号を掲載しています。
今月は、PENTAXのK-50、HD20-40mm、FA80-320mmレンズを利用しております。
写真をクリックすると、大きくなります。






2月10日(月)晴 東京都多摩動物公園にて
雪が降ったあとは
ミルチャ、ヴァルデマール、エナ、アサヒが登場


2月8日、東京も大雪になり自分の勤めている会社も途中で打ち切りになり、
早く帰宅することになりました。
その後の10日はお休み。1月の雪豹日記が未完成なのに、
多摩へ出かけてしまいました。

多摩動物公園も大雪の影響を受け、9日は除雪のため午前休園になったそうで、
訪れた月曜も、通路だけは除雪されていたものの、広場も動物たちの運動場も
雪だらけでした。

↑右は上空にトビの姿が。何かいたのかな?
シフゾウの運動場もご覧のとおり。雪の上でも平気なのか、
休む姿も見られたのには少し驚きました。


小運動場は、珍しいことにアサヒとエナの姉妹が出ておりました。
雪が積もった運動場でしたが、気にすることなく遊ぶ姿が見られました。

大運動場には、2頭のユキヒョウが。
最初、誰だかよく分からなかったのですが、
ヴァルデマールの姿が見られたので、相手はミルチャ・・・。

ミルチャが進み出るなか、ヴァルデマールは通せんぼ。
それでも構わずに無理やり進み、その場を離れようとするミルチャ。
ヴァルデマールの目はハートマークになっているのが、
自分でもわかりました・・・(苦笑)

無理やりミルチャに乗っかろうとするヴァル。
やっぱり怒られました。思いっきり手を広げてネコパンチで攻撃していました・・・。
よくみると、ミルチャの額から出血しているのです。
昨年も同じ場所に傷が出来ていたので、またヴァルデマールがやらかしたのかと・・・。
この2頭の相性、大丈夫なのかな・・・・

ところが、ミルチャが地面に降りたとたん、
ヴァルデマールを受け入れる姿勢を見せたのでした。


えーと、はい。交尾です。
猫もユキヒョウも同じく、メスの首筋を噛んで
交尾しておりますが、この後、オスは飛んで逃げます。

メスは痛くて思わず攻撃をすることが多く、
今回も激しく攻撃する仕草が見られました。
そして、思いっきりごろごろ転がるミルチャ。

斜面を下るほど何回も転がる姿に、交尾成功を期待しております。
うまくいけば、赤ちゃんが生まれるかもしれません。

次の機会を狙うヴァル。爪とぎして時間つぶしをしているのかもしれません。

ところが、ミルチャの機嫌がすこぶる悪く、あまり接近を許さなくなってきました。
↑右の額、切れてしまって・・・せっかくの美人顔が台無しです。

そんな喧噪を知ってか知らずか、小運動場のアサヒとエナは仲良く台の上。
一緒にシフゾウの様子を見ておりました。


さて、自分はアフリカ園へ移動。
雪の上のシマウマ、ライオンなど、通常ではありえない光景が見られたので、
かなり面白い写真になりました。


アフリカゾウ舎では、池にあった何かの果物(リンゴ?)を拾う様子が。
みんな寒そうな感じを見せず、元気に動いてくれて嬉しかったですよ。

アフリカゾウ舎を高台から望むところにいたのですが、
ふと下を見ると、雪の上に無数の足跡が。
この足跡からみると、ウサギが歩き回ったみたいですね。
過去一度だけ、野生のウサギを多摩動物公園内で見たことがあるのですが、
足跡は初めてでした。

更新が遅くなりました。申し訳ございません。








TOPへ

雪豹日記のバックナンバーはこちらへ

Written by G-Z