雪豹日記のバックナンバーはこちら

雪豹以外日記

PENTAXのK- 3、HD55-300mm、HD21mm、DA18-55mmII、
ASUSタブレットを使用しております。

2014年6月2日、3日(曇り→強雨→曇り)
九州旅行編
熊本はまさかの休園日、30年ぶりの平川訪問



久しぶりの九州です。
鹿児島は小学生の頃住んでいたため、様々な所が変わっていて、
その変化を感じることが楽しみでした。今回もJAL、日本航空にお世話になりました。

最初に向かったのは熊本。
ユキヒョウのスピカさんが住んでいる熊本市動植物園に行くのが目的でしたが、
出発前日になって休園日であることが分かり、愕然したのでした。
おかげで、雪豹日記は不成立。もったいないので、雪豹以外日記にてご紹介いたします。

おかげで眠れなくなり、寝つけたのは午前2時過ぎ・・・。そして、4時には起床したのでした。
6時25分羽田発の飛行機で出発。B737-800機という小さな飛行機で飛び立ちました。

富士山の真上を飛ぶため、富士吉田や甲府盆地、飯田市など一望できましたが、名古屋を超えた頃から
雲に覆われ、何も見えなくなりました。国東半島と大分空港が一瞬見え、着陸態勢に入った時、
とてつもない揺れに襲われ、飛行機が斜め下方向に落下。地震の震度○という表現を超える揺れでした。

その後安定し、久住の山々、阿蘇山外輪山が美しく見える中、阿蘇の端にある赤水付近で
再び大きな揺れと落下。すぐ下が地面だったので、生きた心地がしませんでした。
あまりに揺れるので、CAさんも何度か安全ですとアナウンスするほどでしたが、
気持ち悪くなる寸前で揺れが収まり、熊本市をぐるりと回ってから着陸。
なかなかスリリングで楽しいフライトでしたよ。

熊本空港からは、あらかじめ購入していたJRきっぷの出発駅、肥後大津駅へ向かうため、
無料のタクシーを使わせて頂きました。タクシーには、お約束のくまモン。運転手さんにもくまモンが・・・
写真を撮っていると、くまモンに会える時間と場所を教えて頂いたのですが、生憎その時間は
鹿児島に向かっている時間だったので、今回は諦め。

肥後大津始発の各駅停車に乗って、熊本駅まで。本当なら、新水前寺で途中下車して、
動物園に向かうはずでしたが、このまま熊本駅へ移動。
熊本駅で途中下車して、本来行く予定の無かった熊本城へ向かうことに。
実は、熊本城は行ったことが無かったのです。

市電はsuicaが使えたのは嬉しかったですよ。
曇りで風があまりないため、蒸し暑い中を歩きましたが、
お城が見えてきてワクワクしてきました。

熊本城は各所で改修工事が行われており、本丸御殿の下にある闇り通路は、明かりが無ければ
真っ暗な道で、なかなか面白い構造になっておりました。
天守閣前の広場では、おもてなし隊の方々が。武将の姿だけあって笑顔を見せず、
黙々と観光客と一緒に写されていたのには、少し笑ってしまいました。

天守閣の中、最初に目が向いたのは井戸。
中にはお金がいっぱい溜まっていましたが、深さは相当浅く20m位になっているそう。
なぜこういった所に、コインを投げ込む人がいるのか、不思議でなりませんが。

天守は、鉄筋コンクリートになっていました。これは知りませんでした・・・。
↓は小天守閣から見た、宇土櫓です。
この宇土櫓は、当時のままの現存建造物で、重要文化財。

宇土櫓の中は当然木造。天井も低く、攻め込み難い狭く急な階段、複雑な構造と
まるで天守閣のような造りですが、櫓なんですよね。
↑右は宇土櫓から望む天守閣。西南戦争の直前に火に包まれ、焼失したそうで、
どうも自分で燃やした可能性があるのかも。係の方のお話では、燃えたため熊本城には、当時の構造を
知るすべが無くなり、御殿は京都二条城を見本に建て直したそう。

名古屋城の御殿は復旧工事が行われているそうですが、当時の貴重な資料がほとんど残り、
そちらの御殿は当時と変わらないものになるで、その係の方も、公開が楽しみとのことでした。
当時の熊本の方は、何と勿体ないことをやったのかと、ちょっと残念に思ったのでした。

熊本駅に戻り、鹿児島へ。
その駅通路には、「あそくろえもん」という犬のキャラがたくさん!
実は、くまモンより「あそくろえもん」の方が、好きなんですよね・・・。


新幹線さくらに乗車。熊本駅で購入した駅弁「極薦」を頂きました。
これは、八代駅で超有名な駅弁、鮎屋三代を作っている店が作っているもの。
鮎と天草大王という鶏の両方を頂ける超豪華弁当なのです。
値段も張りましたが、美味しかった・・・。

車内では、自分の座っていた向かいで、聞きなれた言葉で喋るおばさまたちが。
鹿児島に到着したとき、聞いてしまいました。大分の方ですか?と。
その通りでした(笑)
(キーワード:大分のイントネーション、合同新聞という言葉でビンゴ!)

少しだけ大分マダムご一行喋ったあとに別れ、鹿児島中央駅へ。
西鹿児島駅と言った方がなじみですが、西駅の名残は全く無くなっていて、
巨大ターミナルに生まれ変わっていました。

鹿児島自体は、引っ越ししてから2~3回訪れたことがあります。
全行程をバス移動したとき、直前に発生した鹿児島大水害のため
何もできなかったのが最後。今回も雨ですが、これから懐かしい所へ向かいます。

駅前のオリックスレンタカーで車を借りて、向かった先は伊集院。
国道3号線沿いにある一軒の立ち蕎麦屋です。

東京の駅そばやの値段の倍くらいしますが、太い蕎麦に強い香り、
かつおより優しく、甘みが強いお出汁、自然薯のとろろが風味を増す
とろろそばを頂きました。もう幸せ~! 来て良かった!!
この店は30年以上行ったことが無かったので、ここだけでも来た甲斐がありました。

そのまま国道3号線を進み、串木野へ。
ここは小学生の頃に住んでいた街です。
串木野の港を撮影したのですが、強風と大雨のため、
この写真だけで移動。
小学校の近所にあった自分が住んでいた家もそのまま、
そして小学校もそのまま。町並みはあまり変わっていない感じでした。
でも、幼稚園や寿屋は無くなっていたなぁ・・・。

この日の夕食は、親に連れられて食べに来たことがある炉端焼きの店、味乃一心へ。
事前に連絡して、営業時間を確認していたのですが、その時の声を覚えていたようでした。
全てが懐かしく、当時とほとんど変わらぬ店内。強烈に覚えていた焼きおにぎりもそのまま。
アジのたたき、キスの塩焼き、サザエの壺焼き、
アラカブ(カサゴ)のお味噌汁・・・。お酒が飲みたかったけど、
ウーロン茶で我慢しつつ、堪能させて頂きました。


鹿児島市へ戻り、鹿児島中央駅の真向いにある「ソラリア西鉄ホテル」が今日の宿。
ちょっと追加料金を払い、桜島が一望できるお部屋にしたのですが、雨が強くて・・・。
大きなダブルベッドで、バストイレ別で、大きなお風呂にゆっくり浸かってリフレッシュ出来ました。

そして、朝5時から仕込んでおいたものがこれ

前日は2時間しか寝ていなかったので、横になった途端寝てしまったのですが、
シャッター音が聞こえ続けたため、結局熟睡はできず・・・

お部屋の様子は↑。
朝、窓の外は鹿児島市、桜島が一望できる最高の景色!!
雲は多いけど、雨が止んでいました。これはラッキーですよ!

チェックアウトして、向かった先は平川動物公園。
小学生以来30年ぶりの訪問です。
入り口には、多摩から来ているオランウータンのポピーを歓迎する看板があります。

入り口を入ると、すぐに見えるのがサバンナ園。左側には足湯もあります。
アフリカ草食動物の背後に桜島と、キリマンジャロ山を彷彿とさせるように作られています。
でも、動物たちの姿が見えず・・・。 おや、右端にキリンが一頭おりました。

その先はカバ、ネコ科動物と続きます。
↑のトラ、よく見ると顔の模様が「我」に見えます。
ただ、「瓜」にも見えるのですけど(笑)
そして、ネコ科動物舎で一番気に入ったのがホワイトタイガー。

じーっとこちらを見る子がいたのですが、その子がムッチムチ!
ちょっと太ってる?と思うほどですけど、↑の子は目つきが悪い(笑)


クロヒョウは、ぐっすり寝ておりました。淡く模様が見えるきれいな子です。

オランウータン舎は、ポピーだけのようで、ちょっと寂しそう。
目が合うとこちらにやってきて、自分を見ているのでした。
多摩にいた時は、何度か会っているので、あの人誰だっけ?と思っているのかもしれません。


↑右はクレクレモード全開のアライグマ。
覗き込んでいると、食べものくれ~!と言わんばかりにアピールするので、
多分、誰かおやつを勝手にあげている人がいるんでしょうね・・・。
そんなことすると、早死にするのに・・・

最後はクマ舎。
その中で最も楽しかったのがこの子、ツキノワグマです。


自分がガラス窓に近づくと、プールに入ってバチャバチャと水遊びを始めるのです。
その姿がまるでダンスをしているみたい(笑)


自分以外に誰もいないので、ついつい大声で笑ってしまいました。
クマは自分を見ながら、ずっと遊んでいます。
最後は、バイバイと手をふるようにして行ってしまいました。

物凄くかわいい!! 天気が悪くてほとんどお客さんのいない、
そんな日だったから、こんな光景が見られたのかな? 
アカショウビンの写真があったのですが、この子、どこにいたっけ?
あ、爬虫類館の中だった。

そういえば、ここにはビントロングがいたはず。一周したけど姿が無かった・・・。
どこか行ってなかったのかと思い、もう一周。そうしたら、コアラ舎下におりました。
でも、寝ていて真っ黒な毛玉と足だけ。ポップコーンの香りは嗅げただけ良かったですけど・・・

レンタカーの返却時間が迫り、平川は2時間ほどしか滞在できませんでしたが、
また来たいなと思える動物園になっていました。ホント、また行こう。

鹿児島市街へ戻る途中、トビが電柱の上にとまっていたので、
思わず撮影。トビも自分を見ているのでした。身近な猛禽ですが、
本当にかわいい姿をしています。

市内は市電があちこち走っていて、軌道内に入らないよう気を付けて運転しないと。
市電のある街での運転は初めてだったのでちょっと緊張しましたが、特に問題は
ありませんでした。

車を返却し、お昼を食べていなかったので、すぐ近くにあったジョイフルというファミレスへ。
何この店、値段が超安い!↓のようなものでも1000円ちょっとしかしないなんて・・・

そして、食後は楽しみにしていた「むじゃき」の白熊!!
天文館の中にある超有名店ですが、この店に入るのは初めてなんです。
6月限定の復刻白熊、ストロベリー&ヨーグルトを頂きました。
ふんわりと溶けて、フルーツもたっぷりで、大変美味しゅうございました。
なんで鹿児島に住んでいた時に、食べたことなかったんだろう?

その後は20時の飛行機まで完全オフ。
山形屋デパート内でお土産買って散財して、
呼び出しチャイムのメロディ(アルプスの牧場)が30年前と変わっておらず、
思わず懐かしーーいと震える思いでした。
このメロディ、小学校でも途中から同じメロディに変わったのですが、
最初に流れた時、校内中が驚いて、笑いが起きたのはちょと懐かしい話。

屋上で風に当たって涼み、その後は西郷隆盛の像を見に移動。
あ、実は西郷隆盛はこんな顔つきではないそうで。本物の西郷隆盛の姿は、
記録が無いみたいで・・・

鹿児島空港へ移動。
帰りの飛行機も熊本に行った時と同じ小さなB737-800。

上空は雲に覆われ、何も見えなかったので、↑のような写真を合成して
遊んでおりました。 楽しかったけど、天気が悪くて残念でした。
また、温泉入っていない、きびなごの刺身食べ忘れた、開聞岳見ていない、
指宿のそうめん流し屋さんに行っていない、鹿児島ラーメンも黒豚も食べてない
まだまだ食べ足りない(あれれ?動物園じゃなく?) 

次回行くときは、もっと散財しそうな予感の鹿児島旅となりました。
また、熊本に行くときは、動物園の休園日をしっかり把握しておかないと・・・










TOPへ

雪豹日記のバックナンバーはこちらへ

Written by G-Z